顧問弁護士とは

お客様の声・解決事例

企業経営者・企業管理者は、企業の実情を熟知し、事が起きれば直ちに対応できる体制にある弁護士とリーズナブルな価格で継続的な関係を持つことは、極めて有意義なことです(「顧問弁護士」)。

業種別・業態別コンテンツはこちら
問題別コンテンツはこちら

経営者・管理者は法律の専門家ではないので、法律問題が発生しているかどうか、認識できるとは限りません。ふと不安や悩みが脳裏をよぎったとき、気の向くままに相談すればよいのです。
特に、企業の命運の90パーセント以上を担っている中小企業の経営者に対して、迅速に合理的な決定と行動ができるための環境整備を支援をすることが、顧問弁護士の役割となります。相談する相手がおらず孤独である中小企業の経営者にとって、悩みを相談することでムダなストレスを軽減することにもつながります。
ただ、それだけに、顧問弁護士を依頼する場合、実力不足の弁護士は問題外ですが、やはり、相性が合うかどうかが一番のポイントです。

その見極めのために、まずは個別問題について、法律相談を受けてみることをお勧めします。

お問い合わせ

0120-481-744

⇒お電話で相談を希望される方は、こちらをどうぞ。

下記項目にご記入いただき、「送信」ボタンを押してください。
※メールでの法律相談には応じられません。

お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス (必須)
連絡方法 (必須)
 電話 メール どちらでもよい
通話可能な時間帯
の間
※ 携帯からの場合はPCメールが受信できるように設定しておいて下さい
法律相談の希望日時
第1希望: 午前 午後
第2希望: 午前 午後
第3希望: 午前 午後
相談内容

内容をご確認いただき問題ないようでしたら、以下にチェックを入れ、送信ボタンを押してください。

 内容を確認しました