債権管理・回収(売掛金・請負代金)

お客様の声・解決事例

債権を回収するにあたり、個人・法人それぞれで必要な書類などがあります。

なかなか支払ってくれない相手に強制執行をするためには、債務名義という書面が必要です。

債務名義とは判決、裁判所の和解調書、調停調書、支払督促、公証人の作成した公正証書などのことをいいます。しかし、判決や支払督促は、確定したもの、もしくは仮執行宣言のついたものでなければなりません。

お客様の声

82歳・山本邦夫さん・社会保険労務士-会社を任せていた従業員が死亡後、損害となりかけていた貸金を回収できることになった事例)

私は労働関連法令や社会保障法令に基づく諸書類の作成代行や企業経営上の労務管理や社会保険に関する相談、指導を行う社会保険労務士です。合わせて、宅地建物取引業を営む会社の代表取締役でもあります。
今回は、宅建会社に関わるトラブルに対し、前田先生は裁判外紛争解決に大変なご努力をいただき無事円満に解決を見ました。厚くお礼を申し上げる次第です。

今回お世話になった事案は概ね次のようなものでした。
私は宅地建物取引主任であったK氏に対し全幅の信頼をおき会社運営を委ね、私の個人資産にかかる通帳の保管、管理を任せておりました。しかし、K氏は会社運営全般、財務状況について、何の引継ぎや説明のないまま平成23年4月突然死亡いたしました。
その後遺品整理の際、私が保管管理を任せていた通帳より平成20年4月多額の金円を引出し、(株)Y組へ、約束手形、小切手、借用証書を担保物件として受け、貸付を行ったことが判明いたしました。

その貸付金の返済については平成20年4月に、平成20年6月より一定期間毎月一定額を返済し、その期間終了後、残債について双方談合しその処理を決定するという分割支払方法を定めた確認書を交わしております。
しかし(株)Y組は確認書の定めを履行せず、その間の返済額は貸付金全額の23%にとどまっております。

この問題は(株)Y組が企業人としてのモラルを守り早期に債務を履行することは当然であり、裁判その他の法的手段も選択肢のその一つでありますが、私としては徒に争いをすることを極力避け、(株)Y組の要求も考慮に入れて解決したいと考え、以前より知り合いの前田先生に相談をいたしました。
先生は本件の内容を精査され、(株)Y組に支払の催告をするとともに支払方法についての提案を求めました。
(株)Y組よりその件の提案がありましたが、先生と私が相談し再考を促し和解案を提示し解決を図りました。

私は先生の器量、ご努力に感銘をいたしております。
どうもありがとうございました。

60歳・男性の方(工事代金回収に関する案件)

拝啓 いつも大変お世話になっております。私も今年で60歳になってしまいました。先生は、まだまだこれからだと思います。先生とはライオンズクラブで1杯飲みながらお知り合いになれたのが縁で、突然お伺いして・・・。今考えてみますと、相当無理なお願いではないかと思いつつも、こちらとしては思いも寄らぬ第三社からの不当な介入、相手が相手だけに、私としても途方に暮れてしまい、もう先生にお願いするしかないと、決死の覚悟で参りました。

訳をお話しすると、確かその日の内に、迅速に法務局へ売上の差し押さえの手続き等、私としては訳の分からないまま指示に従い、懸命に対処したのを覚えております。(差し押さえをしたお客様から、生涯初めてだ・・・と言われ)その後、膨大な書類の用意、そしてなかなか進まず、同じ事の繰り返しにみえる裁判状況?(裁判所に行った事が無い)

月に何度か予約をして事務所にお伺いして、書類、また書類を出してもこれといった決定打(あせり)にはならないようで、先生のおっしゃる「もう嫌だ」が度々あり(これはただの甘え)いや、それでもと思い、事務所へ通わせて頂き、”先生との協働作業”で進め、ある日裁判所へ初めて出向き、調停委員の方から相手の権利の無効を聞き、差し押さえ分はこちらに、そして先方の会社には手形を支払わせ、その時の重圧、苦労が輝きへと変わったのを、今でも忘れません。

案の定、先方の会社は1ヶ月で潰し、手形の分は無効になったのですが、こちらとしては勝った!!(正義は)という気持ちと、何かをやり遂げたという達成感と、清々しさが残りました。こちらの事情を察し、迅速な対応をして頂いたおかげです。今でも本当に感謝致しております。ありがとうございました。

お問い合わせ

0120-481-744

⇒お電話で相談を希望される方は、こちらをどうぞ。

下記項目にご記入いただき、「送信」ボタンを押してください。
※メールでの法律相談には応じられません。

お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス (必須)
連絡方法 (必須)
 電話 メール どちらでもよい
通話可能な時間帯
の間
※ 携帯からの場合はPCメールが受信できるように設定しておいて下さい
法律相談の希望日時
第1希望: 午前 午後
第2希望: 午前 午後
第3希望: 午前 午後
相談内容

内容をご確認いただき問題ないようでしたら、以下にチェックを入れ、送信ボタンを押してください。

 内容を確認しました