Close

司法修習生経験弁護士採用情報

企業法務の取扱い分野

よくあるご質問

新着レポート

 
 

札幌で、経営での法律問題にお困りであったり、顧問弁護士をお探しの企業様・各種法人様・事業主様へ

代表弁護士 前田 尚一

 前田尚一法律事務所は、特に中小企業を中心に、企業経営において起こる労務問題・労使問題、売掛金等の債権回収、契約書の作成・チェック・管理、クレイム処理など様々な法律問題(「企業法務」)の予防・解決をお手伝いすることに加え、その命運をになっている経営者が、迅速に合理的な決定と行動ができるため、「顧問弁護士」として環境整備の支援をしています。
ぜひ、一度ご相談ください。

 前田尚一律事務所は、様々な業種、業態、規模の企業・法人・事業主に対して、総合的な法務サポートを提供しています。
製造業、建設業、運輸業、金融・保険業、IT企業、不動産業、宿泊・飲食サービス業、芸能事務所、学校法人、医療法人、社会福祉法人、宗教法人・・・それぞれの業種等に適したサポートをしております。
法人、宗教法人・・・それぞれの業種に適したサポートをしております。


 以前は弁護士数が非常に少なかった日本ですが、近時、司法改革で弁護士の増員が図られて、弁護士数が増えています。しかし、残念ながら、まだまだ「気心の知れた、信頼できる弁護士に、いつでも、何でも相談できる」という企業様は少ないようです。
 しかし、大量生産・大量消費の時代は終わりました。企業は売上至上主義では生き残っていけない時代の到来です。特に中小企業は自社の独自性を基に必要なものを見極め、ピンポイントで活動していかなければ存続は難しいでしょう。
 私は、弁護士も企業に対し、型どおりのサービスを提供しても存在意義はなく、個々の企業と手と手を取り合う「濃い関係」を構築しながら、各企業独自固有の志向に合わせて個別具体的なサービスを提供していく必要があると考えています。

 相談する相手がおらず孤独である企業経営者の皆様には、悩みをひとりで抱え込まず、気軽に気の向くままに相談していただければと思います。

 なお、蛇足ながら、月刊誌で連載などしているせいか、食事をしていたら、店主から、「財界さっぽろ見てますよ」などと声をかけられ驚くこともあるのですが、一方ではちょっとした“誤解”も生じており、少し困っています。私に対し、「敷居が高い」「大きな企業しかあいてにしていない」「顧問料が高そう」といった「事実無根」のイメージを抱いている方が少なくないようなのです。
 しかし、実際に面談してみると、「イメージと全然違った」と驚かれる方もいらっしゃいます。気軽にご相談してもらいたいものです。

前田尚一法律事務所西11丁目駅2番出口徒歩5分

アクセスマップ